リスク最小限にした、

当社初の独立システムでチャレンジしませんか?

初めまして、鍼灸師・柔道整復師の方、または目指しているみなさんは「将来は独立して自分の院を出したい」という強い志をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
しかし、下記のことをみなさんご存知でしょうか。

整骨院・鍼灸院を含む医療・福祉事業は6年連続で倒産件数が増加し、過去最高の数となっています。

このような状況の中、私たちわだちグループ最も大切にしていることが「物心両面の幸せ」です。物心両面の幸せとは、従業員のメンバーが仕事を安心して取り組めるように全力で取り組んでいます。

独立はリスクが非常に高く、本当に成功する院はわずかと言われています。日々不安な生活の中では安全欲求が満たさられることなく、自己実現されることはありません。

私たちわだちグループでは、「独立開業して多くの人の健康に貢献したい」といった志が高いあなたのために、リスクを最小限にするため分社化をして、開業できる業界初のシステムを用意しました。

自身のビジョンを現実に

なぜ私たちわだちグループは平成20年の設立以来、新店舗を次々と開院しています。
そして平成30年には10店舗の開院を予定しています。さらに
患者様からの信頼も高く、年間の来院患者数も年々増加しています。

以上のように、将来自分がどうなりたいのか。
描いたビジョンを叶えるべく目標を掲げて事業を拡大しています。

「成長を止められない会社」わだちグループでまずは院長を目指してみませんか。


患者様満足度92.8%

驚異の満足度は轍グループの理念である「出逢ってくれてありがとう」が浸透し、関わる全ての人の出会いに感謝し、大切にしていることから生まれています。

現在増え続けている院のなかでわだちグループは
矯正での実費率:80%
鍼灸接骨院での実費率:45%
とトップクラスの実費率を誇っています。
つまり1つの目標をもって丁寧な施術をおこなうことで、患者様からの信頼も得ることができています。
圧倒的な質と量を経験できるので、患者様との関わり合いでの成長が見込まれるだけでなく、
先輩スタッフから得られる夢に向けてのサポートで日々やりがいと成長を実感できる職場です。

互いに高め合える仲間の存在

新しい職場で働くうえで心配となるのが「人間関係」です。
しかし、わだちグループに所属した要るのは平均年齢27歳と若い年齢で構成されています。
年功序列といった制度もないので派閥のある雰囲気は一切ありません。

社員は「他人の良いことを学ぼう、取り入れよう」
お互いに学びの場を提供し合っています。

定期的に行われている勉強会のほかに、ブラザー制度を設けています。
これによって新人だけでなく先輩スタッフにも学びの機会を多くとることが可能になり、成長を手助けします。

この指導方法で成長のスピードを、圧倒的な速さで可能にしています。
勉強会では知識や技術だけでなく、院の運営に関しても学びスタッフ全員でスキルアップをすることができます。

そして、こんなスタッフと患者様でつくらせていただく仲の良い雰囲気で行う施術は、患者様からもお褒めの声をいただいています。

美馬あずささん(20)
スタッフの方のアットホームな雰囲気づくりにより、なんでも気軽に相談することができました。
痛めた箇所がどうなっているのか、模型を使っていただいたり、丁寧でわかりやすい説明で納得ができました。
施術についても、少し痛いかなと思いましたが、終わったあとはスッキリ。他の友達にも勧めました!

「患者様も従業員も両方最優先!」のわだちグループの雰囲気を見にぜひ院内見学にお越しください!


最高の技術を学び、地域No.1院で成長できる。学べる。

そしてアスリートの現場でも活用

2017年より大阪唯一のプロ野球独立リーグ「06BLUES」で、業界初のアライアンスをスタート!最前線で活躍するアスリートのサポートに携われます。

プロスポーツに携わるスポーツトレーナーは業界の中でもトップクラスの人材が選ばれることはご存知かと思います。みなさまの中でもスポーツ経験のある方、またスポーツに関わりがなくても観たことはある。もしくは別のことに打ち込んでいたという人はいるでしょう。選手たちは夢に向かって、まっすぐ野球に取り組んでいます。その夢を近くでサポートすることで、勝利を共に共有することができます。そんな刺激的な経験をすることで、技術だけではなく、プロスポーツ選手の持つ考え方やメンタルを学び、大きく成長し、自分の技術が大きな成果を果たすことができることを実感してもらえます。

夢の応援だけでなく、自らの夢も叶える。

当グループでは柔整だけでなく、鍼灸資格者も活躍できるシステムとなっています。
そのため、野球のようにそれぞれが各ポジションで自身の特技を活かすことができます。
さらに安心のサポート体制で、働きながらも自分の目標をたてることができます。
そして、たてた目標を叶えるためにグループで応援します。
野球のプロチームのようなサポート体制が整っていることで自分の目標にスピーディに近づくことが可能です。
先輩の育成への姿勢もここならでは。
実際に質問してみて先輩のサポートを体験してみてください。
院内の案内や治療方針だけでなく、あらゆる質問に対応します。
笑顔あふれる明るい雰囲気を作り出し、スタッフの平均年齢が若いからこそ感じることのできる
あふれるパワーを実感できます。

学ぶのは技術だけではない!
見習いの期間に学ぶのは知識や技術といった実用的なことです。
しかし、わだちグループで学べるのはそれだけではありません。
院の運営方法や患者様とのコミュニケーションの方法など、
社会に出てから活きるすべてのスキルアップを体験できます。

ここまでみていただいている方は、既にいくつかの院を見て回ってきた方もいるのではないでしょうか?

将来のあなたのためにも、いくつかの院をその目で見て確認することをお勧めします。
足を踏み入れた場所で、あなたの未来を思い描くことができるかどうか。

そのイメージが大切です。

あなたの目指す将来のためにも一度当院を見学しに来てみてください。
他では思い描けなかったイメージが浮かぶかもしれません。


ーニュースリリースー

「CEO30 project Road to 2025」

わだちグループは2025年問題※の問題解決に向け、医療のスペシャリスト社長30名輩出します!!

※「2025年問題」とは、団塊の世代が2025年頃までに後期高齢者(75歳以上)に達する事により、介護・医療費等社会保障費の急増が懸念される問題です。

2018年度新卒採用において、わだちグループでは、リスク最小限にした、業界初の独立システムを整え、ともにこの社会課題の解決に向かって戦える仲間を募集します。
条件は下記の通り、

  • 地域社会の「困った」を解決する鍼灸整骨院=地域No.1院にて、院長を目指して働ける人。
  • 働く時間はみんな同じ。どうせやるなら、大きな目標に向かって、熱いメンバーたちと走れる人。
  • あきらめない心を持って、患者様、従業員メンバーをリスペクトできる人。

一つでも当てはまったあなた。このプロジェクトに参加しませんか。まずは、院内見学会にエントリーしてみてください!!


今回は、この壮大なプロジェクトなぜやるのか?坂本代表に話を伺いました。


ーわだちグループの名前の由来を教えてください。

坂本「”轍(わだち)”には道という意味があり、価値観を共有した仲間が協力し合って、物心両面での幸せという未来を追求したいという想いから名付けました」

 

ーなるほど、患者様だけでなく、従業員の方を大切にしているのはこの理念からなんですね。
では、社長30名輩出プロジェクトの意図を教えてください。

坂本「はい。2つあって、30名の社長というのはあくまでも方法論なんですが、この高齢化社会の日本にあって、後期高齢者の方にも、心身両面で元気になって欲しいという想いと、その活動を通じて従業員が少しでも多くの成果を得て欲しいという想いから考えました。」

ーこの業界は独立される方が多い反面、倒産のリスクも高いので喜ばれそうですね。御社にメリットはあるのですか。

坂本「そうですね。メリットというより、わだちグループでは”出逢ってくれてありがとう”という想いを大切にしています。せっかく入社してくれたのだから、その部分もサポートしたいですし、大枠で共に働いていきたいという思いもあります。ただ、先ほども伝えた通り、あくまで方法論で、まずは院長を目指して頑張って欲しいですね。」

ーこの制度は今後も続けていくおつもりですか??

坂本「私たちは大きな目標に向かっていくあくまでチャレンジャーという立場です。なので、このような挑戦をどんどん行なっていきたいとは思っています。ただ、ずっと同じことをやっていてもダメというところもあるので、少し変わるかもしれない。この制度でチャレンジしたいという人は是非今年度に入社して欲しいと思います。」

 

ー最後に学生にメッセージをお願いします。

坂本「大きな目標を達成するためには私一人ではもちろんできません。ですので今の素晴らしいメンバーたちとそしてそこに加わっていただける方の力が不可欠です。チャレンジをお待ちしています。努力は必ず報われる土俵だけは用意しています。是非、自分自身のためにチャンスを勝ち取ってください!」


リスクが高まっているこの業界で、院長→独立まで最短ルートでキャリアを描ける「CEO30 project Road to 2025」に今すぐ参加する。